不確定性のアルゴリズムによって
再生と崩壊のモジュレーションを繰り返し
自己育成的に思想と原動力を発生する運動
暗い海に浮かぶエントロピーの楽園
私たちの舞台である

 

 

日本の建国神話の舞台となった豊穣の海に浮かぶ美しい離島・犬島は、その穏やかな声で激動の時代に翻弄された古里を物語り、
近代化の真実と行く末を私たちに問いかけています。
江戸時代には石切業、その後は銅の精錬で栄え、最盛期には5,000人以上が暮らしていた島の現在の住民人口は50人以下。
明治の近代化にはじまり富国強兵と世界大戦、戦後の高度経済成長、そして現代における少子高齢化、今後は気象変動による水面上昇や、世界的な経済恐慌の影響も予測されます。

 

この島を舞台に、物事の変化に関する最も重要な概念である「エントロピー」をキーワードに、環境風土、歴史、生活文化と向き合い、互いに鍛錬し交差しつつ、難解と思われる問題の底に隠された本質的な単純さを見つめながら、
人間精神の解放を目指す新しい社会への洞察を深め、すべての人が体験できる形で実験的状況を展開していくこと。
それはコレクティヴ自体の活動原理そのものであります。

 

上演中、島内のあらゆる地点に、風、岩、海、虫などの自然物や、島の廃屋や廃材を利用したインスタレーションやパフォーマンスが配置されます。
終演後には、岡山近郊で活動する食文化のクリエイター、パフォーマー、ミュージシャンたちとのコラボレーションによる「村」が出現し、様々な催しを繰り広げながら、地域コミュニケーションの可能性を模索します。
瀬戸内の島々や岡山への旅に合わせ、ぜひご参集ください。

 

ANTIBODIES collective

エントロピーの楽園
犬島公演

/

INFORMATION

エントロピーの楽園 犬島公演

2018
10/5(Fri) – 8(Mon・祝) 

岡山県岡山市犬島全域

OKAYAMA INUJIMA ISLAND
English

 

<台風25号による 10月5日(金)・6日(土) 公演中止のお知らせ>

台風25号の接近に伴う船の運行情報を鑑み、誠に無念ではありますが、
10月5日(金)と6日(土)の公演中止を決定いたしました。
詳細はこちらをご覧ください。

<TIME TABLE>
15:30 受付開始(犬島港付近)
16:30 開演
18:45 終演
18:45〜深夜まで『離島の夜の村おこし大会議』
20:30 送迎便①便 犬島港出発 (10/5は②便のみ)
21:00 送迎便②便 犬島港出発

当日券は15:30より受付にて販売します。
終演後、宝伝港と岡山駅までの無料送迎船・バスを運行します。
終演後は、送迎便以外の公共交通機関はありません。
各回定員150名

 

おすすめの服装・持ち物
<服装>
・長袖・長ズボン(虫除けのため)
・軽装(大きなお荷物はクロークへ)
・歩きやすい靴(足元の悪い箇所もあります)
・防寒具(夜間は冷え込みます)

 

<持ち物>
・懐中電灯・ヘッドライト(街灯のないエリア、足元の暗い箇所もあります)
・時計(時刻がわかるもの)
・雨具(雨天決行)
・虫除けスプレー・ポータブル蚊取り線香など
・ゴミ袋(ゴミは各自お持ち帰りください)
・常備薬
・キャンプ宿泊用品(宿泊者のみ)

 

注意事項
・島内を自由に回遊し、鑑賞する公演です。足元の悪い箇所もありますので、歩きやすい靴でお越しください。

・雨天決行(荒天中止)ですので、雨合羽などをご用意ください。夜間は冷え込みますので、防寒具もおすすめします。

・街灯のないエリア、足元の暗い箇所もございますので、懐中電灯をご用意ください。

・車椅子でのご来場の方は予約時にご相談ください。

・マップに指定されたアクティングエリア以外の立ち入りは絶対におやめください。島内の雑木林、岩場や池などは整備されておらず、近づくと大変危険です。

また、犬島は島民のみなさんの日常生活の場です。島民のみなさんの暮らしを尊重し、民家の庭先への立ち入り等はおやめください。

・非常時は係員の指示に従ってください。

・自分の出したゴミは、お持ち帰りください。

 

犬島マナー
•自分の出したゴミは、必ず持ち帰ろう。
•アクティングエリア以外の民家の庭先に入らない。雑木林に立ち入るのも危険。
•島の人々と笑顔のあいさつ。忘れないで。
•船便に限りあり。乗船時間を事前に要チェック。

■ANTIBODIES Collective

 

芸術家、技術者、教育者など様々な分野のスペシャリストたちの集合体(Collective)であるANTIBODIESは、様々な鍛錬やフォーカスがダイナミックに関わり合うコラボレーションの形態を発展させていくための環境を創り出し、そこに蓄積された体験をパフォーマンス・イベント、コミュニティー・ワークショップやアウトリーチといった行為へと結び付け、市民社会や教育、福祉の現場へと接続していくための運動体です。「抗体」を意味するその名の通り、個人と社会の関係性に動きと変容をもたらし、それぞれが「心と身体」の問題と向き合う能力を活性化していくことを掲げています。

 

 

■MEMBERS

 

コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付・出演 : 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
ドラマトゥルグ・出演 : 石橋源士
即興演奏・パフォーマンス : YPY、JON(犬)、MEGANE、和田晋侍(巨人ゆえにデカイ、DMBQ)、夏の大△、置石、GUILTY C.、吉田ヤスシ ほか
身体パフォーマンス : ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、もっしゅ、松木萌、菊池航、石井則仁、山本泰輔、松原東洋、小川摩希子、川瀬亜衣、オーディション通過者、島民のみなさん ほか
テクニカルマネジメント : ヤノタカオ
美術・テクニカル : 西村立志、倉持裕二、Moriken、Wacky、ifax!、ハオニロ、上野雄次、Life Style Design ほか
照明 : 藤本隆行(Kinsei R&D)、粟津一郎
衣装 : HE?XION!、西岡七歩子
音響 : 佐藤孔治(Slim Chance Audio)、HAMASTAR
宣伝美術 : 濱大二郎
デザイン : 関根日名子
記録 : 井上嘉和、Yoshihiro Arai、Bozzo、Naoeikka、Bemnmn Ben
制作 : 古原彩乃

<離島の夜の村おこし大会議>
食文化のクリエーター : 京都・村屋、南風食堂、GIVE ME VEGETABLE、自然食 コタン、Paradise Alley、大大大、 MATATAVI、菜食インドカレーいなほ屋、Coffee Bike Edenico Ghost
音楽パフォーマンス : 内橋和久、永山愛樹(Turtle Island) 、CazU-23(Turtle Island) 、神宮前BONOBO、AKIRAM EN、MIDI-Sai、KOPY、月桃三味線、OVe-NaXx、K∞ * N∈∈、ANALOG4、地蔵音楽団、澤野祥三、BURAI、遊神、Kiyoca、PIKA、DODDODO、トンチトリオ、UNBE、KA4U ほか(出演日、詳細などはHPにて発表)

まかない協力:月桃食堂、くう食堂、Yurinx
制作協力:zakkiiee、那木萌美、滝村陽子
協力:犬島のみなさん、犬島町内会、犬島婦人会、犬島元気市、在本商店、Trees、simasima、Ukicafe、KAMP、森のすみか研究所、砂子綾里紗、ゴリ、テッセイ、呉山夕子、モモ、テジ、まつげ、吉岡チカル、ウエチー、Alchemy Works 、アライアヤミ ほか
機材協力:
カラーキネティクス・ジャパン株式会社
有限会社 タマ・テック・ラボ

■ANTIBODIES Collective

 

芸術家、技術者、教育者など様々な分野のスペシャリストたちの集合体(Collective)であるANTIBODIESは、様々な鍛錬やフォーカスがダイナミックに関わり合うコラボレーションの形態を発展させていくための環境を創り出し、そこに蓄積された体験をパフォーマンス・イベント、コミュニティー・ワークショップやアウトリーチといった行為へと結び付け、市民社会や教育、福祉の現場へと接続していくための運動体です。「抗体」を意味するその名の通り、個人と社会の関係性に動きと変容をもたらし、それぞれが「心と身体」の問題と向き合う能力を活性化していくことを掲げています。

 

 

■MEMBERS

 

コンセプト・構成・音楽 : カジワラトシオ
振付・出演 : 東野祥子
空間演出・美術・装置 : OLEO
特殊効果・美術 : 関口大和
ドラマトゥルグ・出演 : 石橋源士
即興演奏・パフォーマンス : YPY、JON(犬)、MEGANE、和田晋侍(巨人ゆえにデカイ、DMBQ)、夏の大△、永山愛樹(TUTLE ISLAND) 、CazU23 、置石、GUILTY.C 吉田ヤスシほか

身体パフォーマンス: ケンジル・ビエン、吉川千恵、加藤律、矢島みなみ、ミナミリョウヘイ、田路紅瑠美、尾身美苗、斉藤成美、もっしゅ、松木萌、菊池航、石井則仁、山本泰輔、松原東洋、小川摩希子、川瀬亜依、オーディション通過者、島民のみなさん、ほか

テクニカルマネジメント: ヤノタカオ
美術・テクニカル:西村立志、倉持裕二、Moriken、Wacky、ifax!、ハオニロ、上野雄次、life style designe ほか
照明 : 藤本隆行(Kinsei R&D)
衣装:HE?XION!、西岡七歩子
音響:佐藤孔治(Slim Chance Audio)、HAMASTAR
宣伝美術 : 濱大二郎
デザイン :関根日名子
記録:井上嘉和、yoshihiro Arai、Bozzo、Bemnmn Ben
制作:古原彩乃

村ミーティング参加アーティスト:京都・村屋、南風食堂、Give Me Vegetable、自然食 コタン、Paradise Alley、大大大、 MATATAVI、菜食インドカレーいなほ屋、内橋和久、bonobo、AKIRM EN、MIDI -Sai 、KOPY、月桃三味線、OVe-NaXx 、K∞ * N∈∈、ANALOG4 、地蔵音楽団、澤野祥造 、BURAI、遊神、Kiyoca、Coffee Bike Edenico Ghost 、PIKA、DODDODO、トンチトリオ、UNBE ほか(出演日、詳細などはHPにて発表)

協力:月桃食堂、犬島町内会、犬島婦人会、犬島元気市、在本商店、Trees、Simasima、 Ukicafe、KAMP、風食堂、Yurinx、テッセン、ゴリ、POLIPICAL、呉山夕子、モモ、テジ、まつげ、吉岡チカル、ウエチー、Smily mold heavens 、アライアヤミほか

制作協力:zakkiiee、那木萌美、滝村陽子

機材協力:
カラーキネティクス・ジャパン株式会社
有限会社 タマ・テック・ラボ

離島の夜の村おこし大会議

 

終演後、村にアーティストが大集合します! 各々の表現形態で表出される新しい体系のお祭り。参加メンバーとぜひ交流してみてください。

 

出演者・タイムテーブル・詳細はこちらよりどうぞ!

 

>>> 離島の夜の村おこし大会議

TICKET

チケット料金(自由回遊形式、税込)

 

 一般:前売 3,500円 | 当日 4,000円 

 ユース(25歳以下)・学生:前売 3,000円 | 当日 3,500円

 高校生以下:1,000円

 未就学児無料

 

※チケットはお一人様1枚、当日限り有効です。
※公演の途中中止の場合は、チケットの払い戻しは致しません。

 

チケット予約フォーム

クリックした日時の購入画面が表示されます。

 

2018/10/5(Fri)

 

2018/10/6(Sat)

 

2018/10/7/(Sun)

 

2018/10/8(Mon・祝)

 

お問い合わせ

ANTIBO HQ
TEL:090-2492-6156(制作)
Mail:contact[at]antibo.org

ACCESS

岡山県岡山市犬島全域 犬島港にて受付

 

 

 

犬島までのアクセス

http://benesse-artsite.jp/access/
※JR、バス各社のホームページなどで必ず事前にご確認ください。
道路状況や天候等の状況により、交通機関の運行に遅延・欠航が生じる場合がございますので、お時間に余裕をもってお越しください。
※終演後、宝伝港と岡山駅までの無料送迎船・バスを運行します。終演後は送迎便以外の公共交通機関はありません。

 

 

おすすめルート

 

行き

岡山駅方面から

 

<①岡山駅から宝伝港まで行く>

①-1 岡山駅から臨時直行バスで宝伝港(西宝伝バス停)へ。
JR岡山駅→ バス(50min)→西宝伝バス停→徒歩(5min)→宝伝港
※10/5(金)は運行なし。

 

・岡山駅14:00発 往路無料送迎バスANTIBO号
※要予約。チケット予約時にご予約ください。人数限定先着順。
乗車場所:岡山駅西口ロータリー

・岡山駅9:52発 臨時直行路線バス ※時刻表はコチラ
乗車場所:岡山駅東口10番乗り場

 

 

①-2 岡山駅からJRと路線バスを乗り継いで宝伝港(西宝伝バス停)へ。
JR岡山駅→ JR赤穂線→JR西大寺駅→路線バス→西宝伝バス停→徒歩→宝伝港

※時刻表はコチラ

 

<②宝伝港から、フェリーあけぼの丸にて犬島港へ行く>

宝伝港→フェリー(10min)→犬島港
※時刻表はコチラ
※車両・二輪車・自転車での乗船はできません。

 


 

 

高松港・宇野港から直島(宮浦港)・豊島(家浦港)を経由して


※東京(成田)ー高松はLCC(JetStar)が運航しています。
※高松港・宇野港→直島・豊島は他の時間帯にもフェリーがあります。 詳しくはコチラ

 


 

 

宝伝港まで自家用車を利用

 

宝伝地区の駐車場(有料1日500円)には限りがあります。なるべく公共交通機関をご利用ください。
お車をご利用の際には乗り合わせてお越しください。あけぼの丸に車両での乗船はできません。

 


 

 

JR岡山駅までのアクセス

 

東京から
新幹線 東京駅−岡山駅(3h30min)
飛行機 羽田空港-岡山空港(1h20min)-空港連絡バスで岡山駅(30min)
高速バス  東京駅−岡山駅(9h30min)

 

京都から
新幹線 京都駅−岡山駅(1h) / 在来線 京都駅-岡山駅(3h10min) / 高速バス 京都駅−岡山駅(3h30min)

 

福岡から
新幹線 博多駅−岡山駅(1h40min)  /  高速バス 天神−岡山駅(9h)

 


 

帰り
<当日帰宅の場合>

終演後、岡山駅までの無料送迎バス・船を運行します。(チケット購入者は全員お乗りいただけます)
当日受付時、先着順に希望便(①・②)から乗船整理券をお渡しします。
終演後、下記以外の犬島からの公共交通機関はございません。

※無料送迎船、バスは公演当日のみご利用いただけます。(公演翌日は公共交通機関をご利用ください)
※時間は目安です。当日の状況により多少の早着・遅延の可能性もございます。

 

<宿泊の場合>

公演日以外は公共交通機関をご利用ください。
●岡山方面
犬島港→(あけぼの丸)→宝伝港→(徒歩5分)→西宝伝バス停→(両備バス)→西大寺駅→(JR赤穂線)→岡山駅
西宝伝(17:45発)から岡山駅までの直行バスもあります。

 

●直島(宮浦港)・豊島(家浦港)経由

 


 

各種交通機関連絡先

・バス(岡山・宝伝間):両備ホールディングス TEL 086‐232‐2116
・フェリー(宝伝・犬島間):あけぼの丸 TEL 086‐947‐0912
・フェリー(宇野・高松・直島・豊島・犬島間):四国汽船 TEL 087-892-3104

 


 

他島への海上タクシー

小豆島、高松港など近隣の港からチャーター船、海上タクシーもご利用いただけます。
詳しくは各交通機関にお問い合わせください。

 

(株)高松海上タクシー 080-5505-6000
(有)ART高松マリンタクシー 080-2977-6337
ユアクルーズ 090-3989-0278
・水口マリン(株) 090-4972-2883
・曽根海上タクシー 0879-68-2072

 

<料金・時間一例>
犬島港〜高松港 約50分 ¥18,000程度
犬島港〜小豆島土庄港 約25分 ¥12,000〜15,000円程度
犬島港〜直島 約45分 ¥18,000円程度
犬島港〜宇野港 約35分 ¥20,000程度

 


 

宿泊

犬島には宿泊施設がございますが、公演期間中ご利用できる施設は犬島キャンプ場のみとなっています。
お申し込みは直接施設へお問い合わせください。

犬島キャンプ場

●予約方法(要事前予約)
申込先:086-947-1550(現地管理事務所 9:00-16:30)
※利用日の10日前まで受付。
※管理事務所の電話がつながりにくい場合、犬島自然の家(086-947-9001)へおかけください。
●時間
チェックイン:午後2時から午後4時
チェックアウト:翌日午前10時まで
●利用料:キャンプ 1,020円/1泊/1サイト
●レンタル用品
4人用テント(シュラフ×4、テントマット付き):1,540円
6人用テント(シュラフ×6、テントマット付き):2,050円
調理セット(まな板・包丁・缶切り):510円など。
詳細はウェブサイトへ

 

※近郊で宿泊施設が充実している岡山駅周辺・小豆島も合わせてご利用ください。

 


 

旅のプラン例

※時間はあくまで目安です。必ずご自身で、各交通会社のホームページなどで事前にご確認ください。

 

 

 

 


 

犬島観光情報

 

観光スポット

 


犬島精錬所美術館

 


犬島「家プロジェクト」

 


犬島 くらしの植物園

 


犬島海水浴場

 

 

飲食店

 

simasima
営業時間 7:30~15:15
土日営業
tel 080-2885-1711

 

trees 犬島店
営業時間 11:45~about
定休日 月・火・水曜日・その他不定休
tel 086-947-1988

 

Uki cafe
営業時間 10:00~17:00
火曜定休
tel 086-947-0877

 

在本商店
営業時間 9:00~18:00
不定休
tel 086-947-0279

NEWS

AntibodiesC
@AntibodiesC

11月22日 (水)ANTIBOのパフォーマンスあります。@superdeluxe 今回のCollective member Director/ Composer : Toshio Kajiwara Choreographer… https://t.co/aAUsR4TBWD

1 week ago

<犬島公演・デジカメ忘れ物>オレンジのニコンのデジタルカメラを忘れた方はいらっしゃいませんか?一度お電話いただいたにもかかわらず、ご連絡先がわからなくなってしまいました。誠に申し訳ございません。お心当たりの方いらっしゃいましたらc… https://t.co/TCzkSuhtrT

1 month ago
follow

PHOTO

Load More

CONTACT

ANTIBO HQ

TEL 090-2492-6156(制作)
Mail contact[at]antibo.org

Web www.antibo.org/

 

主催: ANTIBODIES Collective
助成:公益財団法人 福武財団、芸術文化振興基金助成事業、公益財団法人 セゾン文化財団、京都芸術センター制作支援事業