Artist Profile

カジワラトシオ

Toshio Kajiwara

演出 / 音楽

90年代初頭のNYで磁気テープやSPレコードを使った独自の即興パフォーマンスを始める。クリスチャン・マークレイと世界各地をツアー、パフォーマンス・アートと実験音楽のイベント・シリーズ「PHONOMENA」をジョン・ゾーンが監督したスペース「TONIC」で5年間に渡り企画運営。また13年間、老舗中古レコード屋「A-1 Record Shop」の店長として、忘れられた音楽の発掘と再評価に貢献する。帰国後は舞台芸術分野で活動、国内外で演出作品を多数発表。2015年に「ANTIBODIES COLLECTIVE」を立ち上げ、より深く地域活性化支援や芸術教育の分野に貢献する活動の体勢をとっている。

東野祥子

Yoko Higashino

演出 / 振付 / Dancer

10歳でダンスを始める。10代は平崎喬子、20代前半は泉克芳に師事。2000年~2014年「Dance Company BABY-Q」を主宰する。数々の舞台芸術作品を発表し、国内および海外のフェスティバル(アメリカ/フランス/ドイツ/ノルウェー/メキシコ/韓国/シンガポールなど)にも招聘される。ソロダンサーとしても数多くの即興ミュージシャンやアーティストとのセッションを展開。トヨタコレオグラフィーアワード2004「次代を担う振付家賞」、2005 年横浜ソロ×デュオ〈Competition〉+(プラス)「未来へ羽ばたく横浜賞」、2010年舞踊批評家協会新人賞など受賞。2005-2013年まで東京にてスタジオBABY-Q Lab.を運営し、人材育成を行う。また学校教育プログラムでの指導も積極的に行っている。 最近は「HE?XION! 」名義にて洋服デザインや「HE?XION!TAPES 」ではレーベルとしても活動を行う。地域創造ー公共ホール現代ダンス活性化事業ー登録アーティスト。2015年、京都に活動拠点を移し、「ANTIBODIES Collective」として多ジャンルのアーティストとともに国内外にて作品制作やパフォーマンスアクションを実践している。

OLEO

美術

廃材(工場から出る鉄屑、部品、ゴミ)などを集め、独自の技法で幾何学的にデザインし、立体的なオブジェを構築し、空間そのものを変容させる。世界中を放浪し、様々な国で作品を作り続ける。日本国内では「SUMMER SONIC」「Fuji Rock Fes」を始め、クラブやフェス、ギャラリー等で作品を発表。BABY-Qの舞台美術としても多くの作品に参加。

関口大和

Yamato Sekiguchi

特殊映像

映像/造形作家。光を媒体として多種多様な現象を取り込んだライトスカルプチャーシリーズでは、様々な光源、モーターやセンサー等各種ガジェット類を用いた多種多様な立体オブジェクトの制作を行う。 主な近年の活動に2015年「錯視//左京区」/ 2016年「Circular continuum」など。

ケンジル・ビエン

Kenjiru÷Bien

Dancer / DJ 

BABY-Qに2005年より参加。国内外の全ての公演に参加し、重要なパートを担う。ソロ活動にて渋さ知らズオーケストラ、舞踏団トンデ空静、発電ポールダンサーのメガネ、ウレタン着ぐるみ造形作家、即興ミュージシャンなど、数多くのアーティストとクラブやライブハウス、野外でのパフォーマンスやセッションを行い、その得意な存在感で見るものを圧倒する。自身のユニット「ZIRUBIENZ」にて作品制作や秋田県アートフェス「ゼロダテ」なども行っている。 また東野祥子の小中学校でのWSアシスタントや、自身によるWS、ミュージシャンのPV出演、最近はDJとしても人気がある。

石橋源士

Genshi Ishibashi

ドラマトゥルク

ドラマトゥルク。92~94年、西麻布のクラブYELLOWにてプレスを担当。99~02年、(財)草月会にて映画監督であり草月流いけばなの家元、勅使河原宏の秘書を務めた後、海外部に勤務。07年、元バットシェバ舞踊団のダンサー、アルカディ・ザイデスの日本公演にドラマトゥルクとして参加したのをきっかけに、ドラマトゥルクとしての活動を開始。仲田恭子(‘08, ‘11)、冨士山アネット(‘09)、森下真樹(‘10)公演にドラマトゥルクとして参加。09年「リゾーム的なM」出演を機に、数本のBABY-Qおよび関連の作品に参加。

吉川千恵

Chie Yoshikawa

Dancer

岐阜県出身。幼少よりかやの木芸術舞踊学園にてダンスを始め、日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。東野祥子作品に参加し、2009年~2014年までDance Company BABY-Qの国内外の全ての作品にダンサーとして出演。WSやアウトリーチでのアシスタントも行う。またソロでの活動としても、ミュージシャン、女優、映像作家と共に作品創作を行う。主な作品に 「han」 「Rinse」「KARE-OHANA」 などがある。 2015年よりANTIBODES Collectiveのメンバーとして様々な活動に参加する。

YPY

Musician

日野浩志郎によるソロプロジェクト。カセットテープレーベルbirdFriend主宰。goat、bonanzasというバンドのプレイヤー兼コンポーザーであり、最近ではクラシック楽器と電子音を融合させた大編成新プロジェクトHino Koshiro plays Virginal Variationsを開始。昨年YPYの初ヴァイナルとなる”visions”をベルリンのNousよりリリース。EM recordsより1stアルバムの発売が決定。

JON(犬)

Dancer

1994年から活動を続ける足踏みオルガン弾き Lo-Fiと霊力

矢島みなみ

Minami Yazima

Dancer

幼少より劇団ひまわり俳優養成所にて演劇を学び、15歳よりジャズダンスを始める。大学生時代、インプロビゼーションとの出会いにより、コンテンポラリーダンスの幅広さ、斬新さに魅了される。2007年イタリアローマにダンス留学後、日本のコンテンポラリー界をウロウロしながら、自身の作品を創作。紆余曲折しながら現在も様々な振付家の作品を踊る。

もっしゅ(岩佐妃真)

Dancer

ナニワのバトントワラー→夜遊び公務員→服飾短大生を経て、シンガーソングダンサー/女優/ラジオDJ…etc なにかとマルチにこなす80’sオタク。歌・ヴォイス・俳優・音楽的な役回りに加え近年では初期型でブレーンも担当。ベルリン旅行を機にC.I.を学び始める。後に渡独、国内外でConstanza Macras/dorkypark作品に参加。 帰国後、ニブロール、初期型、黒沢美香&ダンサーズ公演等幅広く出演。 Antiboへは「私たちは眠らない」(ex.BABY-Q)より参加。ラジオ番組「もっしゅのFOXY Music」や主宰WSも継続中。

加藤律

Tadashi kato

Dancer

大学から演劇とダンスを始める。 卒業後は主にダンスの舞台に出演。 東野祥子、かえるP、坂田有妃子などの作品に出演。 その他、演劇の舞台や映像作品への振付の提供や出演も行う。

みなみりょうへい

Ryohei Minami

Performance Artist/Musician

2007 – 08年N.Y.で画家として活動を始める。同時期にメキシコの僻地にてホースキャラバン団体と合流し数ヶ月の遊牧生活による本質的な衣食住や遊びの極限を経験。帰国後、絵画・写真・コラージュ等平面作品を軸とし、映像・音響・廃材・照明・日用品など様々な素材を用いて無意味で内包的な可笑しみをアウトプットした歪んだ実存的気配なる表現を個展や各地レジデンスで発表している。また声・身体・鳴物を使ったフリーインプロや、構成・演出・音響・映像・美術・出演を全て一人で手掛ける単独舞台作品を公演するなどパフォーマンスも各地で発表している。表意味の剥離や歪む空気感など擬える世界観は表現を越境して共通している。一方でネオポップバンド”Mr.Understand”、美術家の水内義人との実験的ユニット”梅干”、ソロの音楽プロジェクトやDJ、ビデオディレクターなど活動は多岐に渡る。

田路紅瑠美

Kurumi Toji

Dancer

17歳より加藤みや子に師事、カンパニーメンバーとして多数の作品に出演。 日本大学芸術学部演劇学科入学時より創作活動を始める。卒業時に芸術学部長賞を受賞。2010年第一回ダンスクリエーションアワード創作部門で第1位受賞。2012年横浜ダンスコレクションEXファイナリスト。 自作のほか白神ももこ、BABY-Q、珍しいキノコ舞踊団、寺杣彩の作品にダンサーとして参加。また学校教材への振付やミュージシャンのバックダンサー、様々なアーティストとの即興イベントなどにも参加している。

尾身美苗

Minae Omi

Dancer

加藤みや子ダンススペースカンパニーメンバー。笠井叡舞踏学校、School of Toronto Dance Theatreを修了。2009年にカナダのトロントで実験バンド”ANAEQ”に参加し、ダンスやボイスを担当。国籍を越え異色なアーティストとのセッションや、即興をメインにダンスの枠を超えた独自の表現世界を探求。近年、UPLINKにて映像+音楽+ダンスを融合したイベントを企画。水曜日のカンパネラのダンサーとしても活動している。

斉藤成美

Narumi Saito

Dancer

ダンサー・振付家/デザイナー・イラストレーター。 日芸デザイン学科卒。ダンス留学@神戸1期卒。来たるべき田楽研究会実行委員。踏む会。元器械体操部。元似顔絵師。現サンドイッチ職人。 趣味はクラシックバレエと三味線と読書会と民俗芸能を観ること。 人や土地に関することや日常動作、農作業、儀礼祭などから、身体表現を軸に何かをつくったり、つくり方を考えたり、創作のプラットフォームからつくったり、様々なコミュニケーションのあり方を考えている。

菊池航

Wataru Kikuchi

Dancer

1987年生まれ。2008年よりダンスカンパニー「淡水」を主宰し、振付演出を行う。「意味は無いが無駄は無い」作品で、ライブハウスやギャラリーなど劇場外を中心に公演を重ねる。 その場に居て、立つことから踊りになる過程を実感しつつムーブとしてのダンスを目指す。多層的イメージの扱い方と身体の関係/音/道具/言葉/とのオルタナティブな付き合い方を模索中。 ダンサーとして桑折現(dots)、山下残などの作品に出演。

メガネ

MEGANE

発電ポールダンサー・衣装デザイナー。

Power generation pole dancer/Costume Designer

2009年から、現代美術家・宇治野宗輝、人力発電のエキスパート・板野尚吾の技術協力により開発した世界初の「発電するポールマシン」を製作。
ハードコアバンド黒パイプのダンサー、ミュージシャンとのセッション多数。
2010年鈴木美奈子とのユニット、アンコントローラブ!にて「あたらしいくらし」発表。
2011年3月「自家発電ナイト」企画(TRAUMARIS)、「岡本太郎現代芸術賞 特別賞」受賞
2012年企画展「自由について2 メガネ 片山真理」(TRAUMARIS)、「愛知サウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞」受賞。
2013年より毎年アップリンクにてライブパフォーマンス「ドラマ」シリーズを発表。
2014年個展「ヘルシー・セクシー・ビューティー」(TRAUMARIS)開催。
他、ASA-CHANG&巡礼「アオイロ劇場」Black Opera、BABY-Qマルセイユ公演、六本木アートナイト参加

HEAVEN HUG DESIGN

Stage Art Technical Staff / Artist

1979年栃木県生れ。神奈川県横浜市在住。倉持裕二によるアートプロジェクト。2003年よりクラブイベント、野外フェス、コンサート、ステージデザインや美術セットを手掛けている。生命をモチーフに様々な有機的なフォルムをデザインしている。
水曜日のカンパネラ「in the box tour 2017」の美術を手掛ける。
「park hotel tokyo」(汐留)のクリスマス装飾を手掛ける。(2014-2016)

Bayby-Q「私達は眠らない」2010年の公演以降、様々な公演をスタッフとして支える。現在もANTIBOの美術スタッフとして活動。

西村立志

Stage Art Technical Staff / Artist

映画SET Deshgner 。大道具から小道具までなんでも作れる想像したものをカタチにする大工。 UWU店主。

古原彩乃

Ayano Furuhara

Production Manager

東京生まれ。熱海在住。早稲田大学第一文学部日本文学専修卒。教育系出版社にて小中学生向けの算数、数学教材の編集を担当。大分県別府市のNPO法人BEPPU PROJECTにてワークショップの企画、運営やパフォーミングアーツの制作を担当。2014年よりフリーランスとして活動。学校、児童館、福祉施設、劇場、フリーマーケット等さまざまな場で老若男女に向けて、芸術、学び、遊びをテーマにしたワークショップやイベントを企画、コーディネートする。音楽の場をひらく「地蔵音楽団」団員としても各地の祭りでパフォーマンスを行う。

和田 晋侍

Shinji Wada

Musican/Drummer

アンプリファイドしたドラムキットを駆使したソロ音源「L/E」(2017)、「pana8/pana cut 8」(birdFriend.2014)、主演/音楽を務めた映画『太秦ヤコペッティ』のサントラ「wada rockers10 plays Uzumasa Jacopetti」(2013)など。近年は写真家石川竜一、美術家金氏徹平、舞踊家黒沢美香、contact Gonzoなどの公演/作品に参加。ロックバンドDMBQ、アブストラクトバンド巨人ゆえにデカイなど複数のバンドのメンバーとして国内外で活動。1981年大阪府出身、東京都在住。wadashinji.com

wacky

ワッキー

美術家/シルクスクリーン作家/オブジェクト作家

CLOSEDOPEN”をモチーフに、より自由で真新しい手法や手段を日々模索し、事象として表現しています。

Tact Sato(ifax!)

美術家/シルクスクリーン作家/オブジェクト作家

美術家。絵画、グラフィック、立体造形、音楽の制作を中心に、近年ではネオンサインと植物を組み合わせた空間表現でギャラリーや海、山等の様々な場所で活動中、またifax!名義では様々な録音をまぜた偶発型多幸音響エディットプロジェクトでも活動している。
インスタグラム : @ifaxi

上野雄次

Yuji Ueno

美術家/花道家

1967 京都府生まれ、鹿児島県出身。東京都在住。
1988 勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。
2005〜「はないけ」のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキ(東京)で開始。
地脈を読み取りモノと花材を選び抜いて活けることで独自な「はないけ」の世界を築き続けている。
創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。
詩人、写真家、ミュージシャン、工芸家、ファッションデザイナー等とのコラボレーションも多数行っている。青葉市子 大塚咲 扇田克也 狩野智宏 中里和人 中村卓夫 中村卓也 円奴 山下洋輔 矢野顕子 Arto Lindsay (アート・リンゼイ)、Everlasting sprout、Jeff Mills (ジェフ・ミルズ) 他多数